Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アパートで役立つ防音グッズ 子供の騒音を減らす2つの床対策

アパートで役立つ防音グッズ 子供の騒音を減らす2つの床対策

ゆるかわ太一 アパートは木造か軽量鉄骨造の場合が多く、音をとても通してしまいます。子供の騒音を考えた場合、泣き声・騒ぎ声などの音、歩いたり走り回ったりするときの足音の2種類が最も悩みの種になってきますよね。そこでここではアパートで子供と暮らすうえで役立つ防音グッズを紹介します。


山田ふわ子 うんうん、アパートは木造だから音漏れは避けられないのよね。赤ちゃんや子供は迷惑を考えずに行動するから親は大変ね。でも木造のアパートでどこまで防音効果があるのかしら…?

アパートの防音の現実

と、前ふりはカッコいいのですが、実際にはアパートで防音することは非常に難しいと言えます。特に木造の場合は壁がとっても薄く床も簡素なため、いかに音を気を付けるかが最大のポイントなのです。

とは言え赤ちゃんの泣き声を小さくすることも、子供が走らないようにすることも容易にできません。

つまり「やらないよりはマシ」な対策を、子供を持つ親は「お金を出してやらなければいけない」と言わざるを得ません。対策をすれば苦情が来ないとか、対策をしてるから気にしないで走らせてるというのは少し違うということです。

防音に関しては建物自体に大きく左右される部分があり、自分でできる対策では大きな効果は期待できないのです。でもやらないよりは相当マシになるので、近隣へのマナーや配慮と考えて対策だけは行うべきです。

ポイントは次の2点です。

  1. 床に対策を施す
  2. 壁に対策を施す

床に対策を施す

床にはクッション性のいいものを敷いて、足音やおもちゃをガチャガチャひっくり返すときの音を軽減させます。子供は大人よりも体重が少ないですが、足音は体重よりも歩き方で大きく変わるので、必ず行いたい施策だと言えます。

壁に対策を施す

壁への施策は個人で行うのはなかなか難しいです。そんな中でも比較的現実的なのが、遮音シートや吸音シートなど。壁に音エネルギーが当たる前に、少しでも小さくしてくれるという類のものですね。また、劇的な効果は期待できませんが、防音カーテンは手間がかからないので試してみるのもアリかもしれません。ただ取り替えるだけなので。
オシャレに貼れる吸音パネル

対策は床を最優先で

理想は様々な遮音グッズを壁・床・天井に施すことですが、「手間」「お金」「効果」を考えると天井と壁への施策より先に「床」を対策すべきと言えます。

そのための具体的な防音グッズは次のようなものです。

  1. ジョイントマット
  2. 防音カーペット

ジョイントマット

これは多くの家庭で使われている最もスタンダードな対策と言えます。ジョイントマットは結局「厚さが1cm以上あるクッション材」になるので、歩くときの衝撃やおもちゃが床にぶつかるときの衝撃をしっかり吸収してくれます。足音などの衝撃音は、衝撃を少なくすればそれだけ音も少なくなるので、クッション材は非常に有効な手段と言えます。むしろ床に遮音シートを貼っても足音は軽減しません。

防音カーペット

厚みがあり衝撃吸収力の高いカーペットも効果的と言えます。ただ敷くだけなのでジョイントマットよりも手間がかかりません。最近は低反発素材のカーペットが人気のようで、枕やマットレスを想像すればその防音効果がイメージできると思います。

低反発カーペットはその分厚みが4~5cmもあり、ドアなどのクリアランス(床との隙間)を気にする必要はありますが、効果・手間・価格のバランスがとれた対策と言えます。ただ織物なのでダニアレルギーやハウスダストに過敏に反応してしまう子供には使わないほうがいいです。

まとめ

ゆるかわ太一 アパートでの防音対策は、個人で行うには思っている以上に効果が低く、やらないよりはマシと考えたほうが納得できると言えます。とは言え音の響きやすいアパートではできる範囲で対策すべきで、床対策だけは最優先でやっておかないと、苦情を言われた時に反論すらできなくなります。

山田ふわ子 確かにいくら赤ちゃんがいるからって、壁一面に遮音シート貼るのは大変ね。安心感は出るけど…。アパートでは床にしっかり対策して、余裕がある場合や苦情を言われてとにかく防音したいという場合に、壁や天井まで考えればいいかもしれないわね。

ゆるかわ太一 マンションやアパートの防音対策にオススメのグッズをランキングにしてみました。衝撃音は床、声などは壁に対策を施すことが大事。賃貸で可能、かつ現実的なものばかりです。

低反発素材のラグ

低反発素材の防音ラグマットレスや枕でおなじみの「低反発素材」を使った防音ラグです。衝撃の吸収性が非常に高く、足音などを大きく和らげてくれます。厚みが出てしまう難点はありますが、足音の出やすいリビングや子供部屋などに敷くことで大きな効果が期待できます。

詳細はコチラ

ジョイント式コルクマット

ジョイント式コルクマットナチュラルテイストなインテリアなら、表面がコルクなジョイントマットもいいかもしれません。オシャレさと防音を兼ねているので、子供っぽい部屋を回避できます。こちらもジョイント式なので様々な応用が利き「マット+カーペット」の二重使いもできます。

詳細はコチラ

賃貸でも壁に貼れる吸音シート

賃貸でも壁に貼れる吸音シート壁への対策でもっとも手軽なのが吸音シート。泣き声やテレビの音などがメインになり、床と違って横方向への対策ができます。原状復帰が基本の賃貸でも使える点がポイントで、手軽に施工できるのも嬉しいところです。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る