Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

木造アパートで防音することはできるのか…

木造アパートで防音することはできるのか…

ゆるかわ太一 アパート暮らしで近隣への子供の騒音に頭を悩ませてませんか?アパートは木造か軽量鉄骨造の場合が多く、音に関しては非常に弱いという性質があります。築年数が古くなるにつれて相対的に音が響く物件は増えますが、新築だからといって音が響かないとは言えません。そこでここでは木造アパートの防音について考えてみます。


山田ふわ子 確かにできたばっかりのアパートでも防音は決してよくないわね。古くても音の聞こえにくいアパートもあれば、新しくても防音が弱い物件も…。アパート暮らしでの騒音対策はいったいどうすればいいのかしら…。

アパートでの「音」に関する捉え方

いきなり結論を言いますと、木造アパートでの防音は非常に難しいと言えます。音の感じ方には個人差がありますが、少しでも音に敏感な人が気にならなくなるレベルの防音は、ほぼ不可能と言っても過言ではありません。音はそれだけ躯体(建物の構造・造り)にかかっているんです。

もちろんRC造(鉄筋コンクリート造)のほうが音を遮断する能力はありますが、RC造でもコンクリートの厚さが同じではありません。使われている鉄筋の太さが同じでもありません。また木造と違う音の伝わり方をするので、相対的には木造よりはいいですが、これも躯体のでき次第という側面もあります。

つまりRC造と言えども音に関しては簡単に解決できなく、それが木造だとなおさら限界点が低いと言えます。

個人でできることは最低限の施策

個人で木造アパートの防音をする場合、壁に遮音シートを張り付けたり、防音カーテンや防音カーペット、ジョイントマットなどで対応するしかありません。

フローリングや壁をはがして行うことは個人では難しく、またそれだと見た目を気にする必要はないのですが、お部屋から見える側の施策だとデザイン面の問題も出てきます。

行う施策によって「手間」「値段」「効果」のバランスがいいものと悪いものがあり、効果があると言っても劇的に改善されるわけではなく、あくまでも個人のレベルで良くなるというものです。

業者に頼む場合

アパートは基本的に賃貸なので、工事することはなかなか難しいと言えます。大家さんの許可が必要ですし、仮に許可が出たとしても非常に価格が高いので現実的とは言えません。しかも多額のお金を出して工事しても自分のものにできません。引越しするから転居先に持っていくというレベルの品物ではないですよね。

大家さんはお金を出さずに防音部屋になるのですから、もしかしたら許可が出るかもしれません。とは言えアパートの一部屋だけ防音部屋というのは逆に変ですよね。

また、そこまでして工事したとしても、その効果を保障するものではありません。なぜなら、あくまで業者は「計算してこのくらい音が響かなくなる」という事しか言えませんが、それを「満足」と感じるかは音の捉え方に大きく左右されるからです。

いくら子供の音が騒音として響いているからと言って、そこまでする義務はありません。

実際問題としてどうするか

木造アパートでの防音は、難しいとしても比較的お金がかからずにできる対策だけは行うべきです。これは近隣へのマナーという捉え方でもいいかもしれません。

また、他の記事でもいつも書いてますが、とにかくアパートで孤立せず面倒でも近隣との関係を強化するのです。防音には限界がありしつけにも限界があります。なので子供の騒音対策には近隣の助けが必要になってくるんですね。

あなた自身だって、見ず知らずの人を進んで助けたいとは思いませんよね。知っている人、しかも自分に気をかけてくれている人だからこそ助けようという気持ちになるのです。

苦情を言われて逆切れする親

私はある程度の対策・教育を行っていれば、子供の騒音は生活音のレベルだと思っています。それでも音の捉え方は千差万別で、我慢の許容範囲も千差万別。苦情を言われることも出てくるのは仕方ありません。

そこで「子供なんだから仕方ないでしょ!」という親がたまにいます。むしろ意外と多いかもしれません。でもそれだけで「バカ親」と決めつけるのは早計ではないでしょうか。もしかしたらかなり対策をしてるかもしれませんし、神経をすり減らしてしつけをしているかもしれません。

逆切れかどうかは、その背景を知っている人でしか判断できないのです。言い方の問題もありますが、しっかり対策と教育をしていればそれは正論であり、言い方がキツイからって逆切れとも言えません。そう感じやすいのは否めませんが。

つまり自分なりに対策と教育をしているなら、それぐらい言える「強さ」が必要なときもあるのです。それをいとも簡単に無意識にできてしまう人とできない人がいて、親としてはむしろ言われっぱなしではなく「正しい反論=正論」をいうときも必要と言えます。

もちろん対策も教育も適当ならそれは「逆切れ」になってしまい、世間から「バカ親」扱いされてしまうこともあります。でも対策と教育をしっかりしていれば、なにも苦情を恐れる心配はありません。木造アパートだろうがRCマンションだろうが住む権利はあるのです。

どうにも収集つかない時は引越すしかない

自分の基準では生活音の範囲と感じても、それを我慢できないと感じる人もやはり出てきます。それはそれで仕方のないこと。相手を一方的に攻めるわけにもいきません。

自分でできる対策をし、教育も徹底し、挨拶や近所との関係強化もできるだけやった(苦情主とはなかなか難しいものがありますが…)。それでも苦情が何度もくるようなら、引越しを考えるしかありません。仮に防音工事を考えるレベルまで悩むなら、引越し費用もなんとかなります。

苦情が入り感情的になってしまった時点で、すでに些細な音にさえ気になってしまうようになります。でも完全に音を消すことはできないので、解消するならどちらかが引越しするしか道はありません。

面白くない気持ちは当然ありますが、いざ引越ししてみれば意外とそんなこと気にならないもので、むしろもっと早く引越しすれば良かったと感じるかもしれません。

まとめ

ゆるかわ太一 アパートの防音には限界があります。そしてその限界点は驚くほど低いと言ってもいいでしょう。自分でできる常識的な対策としっかりした教育を行っていれば、それは生活音の範囲と言えるのではないでしょうか。ただ近隣への気遣いをしっかり伝え、最大限の努力をしていることをどんどんアピールすることも必要と言えます。

山田ふわ子 今回はなんか精神論のようね…。確かに木造アパートでは防音に限界があるし、うるさいと感じる人の気持ちも仕方ないわ。対策をするだけじゃなく近隣の助けを得るために精神的なケアも必要という事ね!

ゆるかわ太一 マンションやアパートの防音対策にオススメのグッズをランキングにしてみました。壁の対策は出費と効果が割に合いません。でも床への対策はコスパが良く、足音はトラブルの最大の原因なので最初に行うべき施策です。

低反発素材のラグ

低反発素材の防音ラグマットレスや枕でおなじみの「低反発素材」を使った防音ラグです。衝撃の吸収性が非常に高く、足音などを大きく和らげてくれます。厚みが出てしまう難点はありますが、足音の出やすいリビングや子供部屋などに敷くことで大きな効果が期待できます。

詳細はコチラ

木目調・畳柄のクッションマット

やさしいジョイントマット ナチュラルクッションマットでコスパが最もいいのは、俗にいう「ジョイントマット」です。厚みがあるのでフローリングの硬さを解消し、多少の音ならカットしてくれます。見た目もよく、ジョイント式なので子供の走りやすい廊下などにも敷くことができ応用が利きます。

詳細はコチラ

ジョイント式コルクマット

ジョイント式コルクマットナチュラルテイストなインテリアなら、表面がコルクなジョイントマットもいいかもしれません。オシャレさと防音を兼ねているので、子供っぽい部屋を回避できます。こちらもジョイント式なので様々な応用が利き「マット+カーペット」の二重使いもできます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る