Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

マンションの音の伝わり方にビックリ!騒音源は上下左右だけじゃない

マンションの音の伝わり方にビックリ!騒音源は上下左右だけじゃない

ゆるかわ太一 マンションで足音の苦情が入って悩んではいませんか?しっかり対策しているにもかかわらず、下の階の人に「足音がうるさい!」と…。でも足音などの衝撃音は、必ずしも真上の階が原因とは限りません。そこでここでは、鉄筋コンクリートのマンションにおける「音の伝わり方」を考えてみます。


山田ふわ子 足音がうるさければ普通は真上の階を疑うのが当然よね。でも心当たりのない苦情を言われれば、どうしていいのか分からなくなってしまうわね。真上じゃない部屋からの足音の騒音なんてあるのかしら…。

コンクリートは空気の「15倍」音を伝える

マンションの騒音として最も多いのが、足音などの衝撃音です。でも歩き方を気をつけ、床にはマットや遮音カーペットを敷いてるにも関わらず、下の階の人から「足音がうるさい!」と苦情がくるときもあります。

「これ以上やれることはない…」いったいどうすればと悩んでしまいますが、もしかしたら原因はあなたではないかもしれません。

真上が最も響くのは間違いない

足音がうるさいと感じている人。その原因は真上の住人の可能性が最も高いのは言うまでもありません。でも実は、コンクリートは空気の15倍も音を伝えやすいということが分かっています。

あなたが発する声は、空気の振動によって周囲に聞こえます。その空気よりも15倍も音が伝わりやすいということは、コンクリートでつながったマンションの場合、意外な部屋からの音なのかもしれません。

マンションでの音の伝わり方

実際にマンションで音の実験をやった記録を紹介します。
マンションの衝撃音…固体伝搬音の伝わり方

これは「ある部屋で音を聞いた時、どの部屋からの音が最も聞こえたか」という実験をしたものです。音は足音のような種類の音です。最も聞こえたほうから7つの部屋を順に記していますが、この結果を見て驚いた人も多いと思います。

真上が最も聞こえるのは、まぁ当然の結果と言えますよね。でも2番目に聞こえるのは、斜め上ではなく「上の上」なんですね。さらに3番目はその横。斜め上よりもさらにその上の方が聞こえてくるというのは、本当に不思議なことです。

また、足音のような音は、すぐ隣よりも「隣の隣」のほうが聞こえ、しまいには斜め下方向の部屋からも聞こえるようです。

こうなるともう騒音源がどこだか想像もできなくなってしまいますよね。

太鼓現象とは

マンションの足音を考える上で大事なのが「太鼓現象」です。太鼓現象とは簡単に言うと、マンションの足音が太鼓の原理で増幅されてしまっているという事。

太鼓を想像すると分かりやすいです。太鼓の皮の部分だけを叩いても音はなりませんよね。ただの皮ですから。これが仮に固い鉄板などなら音がなるかもしれません。でも皮自体には音がなる性質はありません。

ところがピンと張り、周囲に木枠状の囲いをすることで、あのような大きな音がなります。

実はマンションの足音もこれと同じ現象が起きている場合が多いのです。床が太鼓の皮です。床の下には配管などのため空間がありますよね。そこにある空気が太鼓の原理と同じ働きをし、音を増幅させているのです。

なので上階の人は静かに歩いても、階下には大きな音になってしまうのです。これを解消するには空気の抜け穴が必要。太鼓も反対側に大きな穴があれば音が小さくなりますよね。

ただマンションの場合は簡単に穴を開けることができず、様々な設計会社や建築会社が試行錯誤しています。

まとめ

ゆるかわ太一 このように、マンションの音の伝わり方は非常に複雑です。コンクリート特有の伝わり方に加え、太鼓現象が様々な空間で起きているのです。ただ単に2重の床にすれば足音が小さくなるという単純なものではないので、むしろ間に空気層が入るので大きくなってしまうことに。この様な複雑な問題が、騒音トラブルが解決しないポイントでもあるのかもしれません。

山田ふわ子 マンションの構造だけで騒音をなくすことは現段階では難しそうね。でも音は複雑な伝わり方をするので、苦情が入っても必ずしも上階が原因ではない可能性があるということね。住人みんなが音に気をつけることが、結局は最良の方法なのかもしれないわね。

ゆるかわ太一 マンションやアパートの防音対策にオススメのグッズをランキングにしてみました。壁の対策は出費と効果が割に合いません。でも床への対策はコスパが良く、足音はトラブルの最大の原因なので最初に行うべき施策です。

低反発素材のラグ

低反発素材の防音ラグマットレスや枕でおなじみの「低反発素材」を使った防音ラグです。衝撃の吸収性が非常に高く、足音などを大きく和らげてくれます。厚みが出てしまう難点はありますが、足音の出やすいリビングや子供部屋などに敷くことで大きな効果が期待できます。

詳細はコチラ

木目調・畳柄のクッションマット

やさしいジョイントマット ナチュラルクッションマットでコスパが最もいいのは、俗にいう「ジョイントマット」です。厚みがあるのでフローリングの硬さを解消し、多少の音ならカットしてくれます。見た目もよく、ジョイント式なので子供の走りやすい廊下などにも敷くことができ応用が利きます。

詳細はコチラ

ジョイント式コルクマット

ジョイント式コルクマットナチュラルテイストなインテリアなら、表面がコルクなジョイントマットもいいかもしれません。オシャレさと防音を兼ねているので、子供っぽい部屋を回避できます。こちらもジョイント式なので様々な応用が利き「マット+カーペット」の二重使いもできます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る