Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アパートで赤ちゃん誕生時にする挨拶 効果を5倍にする5つのポイント

アパートで赤ちゃん誕生時にする挨拶 効果を5倍にする5つのポイント

ゆるかわ太一 アパートに住んでて赤ちゃんが生まれた時は、必ず隣家に挨拶に行くべきです。騒音で迷惑をかける可能性が高いので、あらかじめそのことを伝えておくだけで音の捉え方が大きく変わります。そこでここでは赤ちゃんが生まれた時にする挨拶に焦点を当ててみようと思います。


山田ふわ子 赤ちゃんが出す騒音は必ず近隣に響くわ。やっぱり挨拶に行っておくほうがいいのね!でも上手な挨拶の仕方っていったいどんなことだろう…?

挨拶をすることの効果

アパートの場合、引っ越してきたときは挨拶に行く人が多いものですが、赤ちゃんが生まれた時って行くべきか悩むものです。でもこれは100%行くべきです。挨拶に行って悪いことはなくメリットばかりです。挨拶にいくことの主な騒音上のメリットは次の2点です。

  1. 騒音に寛大になってくれる
  2. 騒音を気にしてくれる

騒音に寛大になってくれる

最も期待するのがこれではないでしょうか。むしろこのためだけに挨拶に行くと言っても過言ではありません。顔も知らないような人の場合は行くのもイヤかもしれませんが、騒音問題の基本は「先手必勝」です。早めに挨拶に行く方がいろんなメリットがあります。

騒音を気にしてくれる

赤ちゃんがいるということが分かれば、逆に騒音を気にしてくれます。特に子育ての経験がある人なら、赤ちゃんは起きれば泣くことを知っているので、自分への騒音対策としても隣の赤ちゃんを起こすわけにはいかないのです。夜は特にそうです。赤ちゃんは生まれてしばらくの間、昼夜関係なく寝ていますが、自分が寝る時間に自分の部屋の音で起こしてしまえば自分が寝れなくなるのです。

上手な挨拶の方法

「せっかく挨拶するんだから」という考え方は少し聞こえが悪いですが、どうせなら同じ挨拶でも効果があるようにしたいと考えるのが普通です。では騒音を考えた場合、どのように挨拶すればいいのでしょうか。ポイントは次の5点です。

  1. 赤ちゃんを必ず連れて行く
  2. 家族全員で行く
  3. 菓子折りを持っていく
  4. 時間帯を考える
  5. 騒音のことをしっかり伝える

赤ちゃんを必ず連れて行く

生まれたばかりで外に出すのは不安かもしれませんが、同じアパートへの挨拶なら問題ないでしょう。冬は毛布にくるんでいきます。挨拶の際は必ず顔を見せて「生まれた子です」というのをはっきり見せてあげましょう。そうすることで家庭の繋がりが増し、赤ちゃんが出すであろう騒音への感じ方が良くなります。

つまり赤ちゃんの泣き声や騒ぎ声によって感じるストレスが軽減されるのです。

家族全員で行く

ママと生まれた赤ちゃんだけで行くのは効果半減です。それでは赤ちゃんを見せに行くだけですよね。旦那や兄弟など家族全員で行くことで「家族ぐるみで音を気を付けます」というアピールになるので必ず全員で行きます。

菓子折りを持っていく

お菓子でもお茶でも何でもいいのですが「物」を持参するのがオススメです。もちろん価格は関係ありません。物を持っていくことで挨拶だけでなく「頂き物をした」という事実がありますよね。人間には他人からされた好意に対しては何らかのお返しがしたくなる性質があります。それは自分が痛みを伴ってもです。

買うつもりもなくお店に入ったのに、店員さんの誠意ある対応によって買ってしまったという経験、思い当たるのではないでしょうか。それと同じで、物が何であれ好意に対してお礼(音への我慢)をしてくれる可能性が高くなります。

時間帯を考える

できれば挨拶に行く家庭の全員がいそうな時間を考えて行きます。もちろんご飯時は避けるように配慮します。20時くらいが妥当でしょうか。そうすることで例えばそこの家庭の奥様だけでなく旦那様や子供などにもアピールすることができるかもしれません。顔を合わせるだけでも騒音に対する感じ方が変わってくるので、多くの家族に自分たちの顔や赤ちゃんの顔を見せることが大事です。

騒音のことをしっかり伝える

赤ちゃんが生まれて挨拶に行く目的のほとんどは「騒音」のことですよね。なのではっきり「音」のことを伝えることが大事。「赤ちゃんが生まれたのでよろしくお願いします」ではダメです。確かに何をお願いされたかは相手は分かります。でもはっきり言う事でより印象に残ります。「赤ちゃんが生まれたのでうるさくなってしまいますが、騒音に関しては最大限気をつけるのでよろしくお願いします」というニュアンスで言わなければ効果は半減です。

まとめ

ゆるかわ太一 赤ちゃんが生まれた時に挨拶に行くのは、人によっては「行かなくてもいいかな」と思いがちですが、アパート暮らしなら絶対に行くべきです。せっかくのアピールのチャンスでもあります。挨拶されてイヤな人はいませんし、音に対する許容範囲がグッと広がってくれます。家族でタイミングを計って必ずするようにしましょう。

山田ふわ子 確かに挨拶されてイヤな気はしないわね。どんな赤ちゃんか見れるし親近感も湧くわ!アパートなら生まれたばかりの赤ちゃんでも外に出れるしね。よ~し!彼氏探しに行こうっと!

ゆるかわ太一 (…そこから…?)

ゆるかわ太一 マンションやアパートの防音対策にオススメのグッズをランキングにしてみました。壁の対策は出費と効果が割に合いません。でも床への対策はコスパが良く、足音はトラブルの最大の原因なので最初に行うべき施策です。

低反発素材のカーペット

低反発素材のカーペットマットレスや枕でおなじみの「低反発素材」を使ったカーペットです。衝撃の吸収性が非常に高く、足音などを大きく和らげてくれます。厚みが出てしまう難点はありますが、足音の出やすいリビングや子供部屋などに敷くことで大きな効果が期待できます。

詳細はコチラ

木目調・畳柄のクッションマット

やさしいジョイントマット ナチュラルクッションマットでコスパが最もいいのは、俗にいう「ジョイントマット」です。厚みがあるのでフローリングの硬さを解消し、多少の音ならカットしてくれます。見た目もよく、ジョイント式なので子供の走りやすい廊下などにも敷くことができ応用が利きます。

詳細はコチラ

ジョイント式コルクマット

ジョイント式コルクマットナチュラルテイストなインテリアなら、表面がコルクなジョイントマットもいいかもしれません。オシャレさと防音を兼ねているので、子供っぽい部屋を回避できます。こちらもジョイント式なので様々な応用が利き「マット+カーペット」の二重使いもできます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る