Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アパートでの子供の足音|苦情を言われた時の大事な考え方

アパートでの子供の足音|苦情を言われた時の大事な考え方

ゆるかわ太一 アパートで子供と暮らす親にとって、非常に怖いのが階下からの足音の苦情。子供のすることなのでなかなか効果的な対策ができず、大きなストレスに繋がってしまいます。特にシングルマザーの場合、頼れる旦那もいないためその精神的苦痛は相当大きなものになりますよね。そこでこのページでは、下の階の住人にうるさいと言われた、もしくはそのような報告があったと管理会社に言われたときの考え方を紹介します。


山田ふわ子 シングルマザーで階下から苦情を言われたらほんと心細いわね。子供を守らなきゃいけないけど自分のことを守ってくれる人の大事さが身に沁みそうだわ。冷静に対処するのはどうすればいいのかしら…。

対策ではなくなぜ考え方なのか

アパートでの子供の足音問題は今に始まったことではありません。ずっと前から、しかも毎年多くのトラブルが発生しています。東京都の事例では、対策を怠ったとして父親に36万円の罰金が科せられた判例もあるぐらいです。

つまりこれだけ多く、しかも長年に渡って発生しているにもかかわらず法律で守られていないということは、それだけ子供の足音をなくすことが難しいことを表しているのです。

判例では上階の親が悪いということになっていますが、常に上の階に非があるわけではなく、どれだけ常識的に対応したかも大きく加味されています。判例ではしっかり対応・教育してなかったと判断されての結果と言えます。

基本的になくすことはできない

まず大前提として、子供の足音が騒音の元だとしてもそれをなくすことはできないということ。簡潔に言うと「どっちもどっち」ということですね。音が気になるから文句を言うのもわかるし、気をつけてても出てしまうという言い分も正しいのです。

さらに性格や個人差・年齢や育った環境によって、音に対する感じ方・捉え方が千差万別。なのではっきりした線引きができず、その場その場でそれぞれが解決していくしかありません。

音の大きさだけじゃない騒音

クレーマーという言葉があるように、騒音にも感じ方が人それぞれ違うため、一般的には問題ないレベルでもその人が不快に感じればそれは騒音になってしまいます。この辺の問題はとってもデリケートな部分ですね。

子育ての経験がある人にすれば、子供の足音や泣き声がどれだけ気をつけていても出てしまうことを実際に体験しているので、子供の出す音に対しての許容範囲が広い場合が多いもの。でも独身で子供があまり好きじゃない若い男性にとっては、それは人生を左右するほどの苦痛になる可能性すらあります。どっちもどっちな割に問題が深刻なので厄介と言えます。

苦情を言われた場合にすること

考え方として仕方ない部分はありますが、実際に苦情がきてしまった以上は何か行動を起こさなければいけません。最もいけないのは「どうしても出るんだから仕方ないでしょ!」という逆切れ。確かに仕方ない。でも下の階の住人の言い分も半分は正しいのです。逆切れは「私は悪くない」というのを暗に伝えているようなもの。それでは話がこじれるだけです。

実際にやるべきことは次の2点です。
  1. 子どもと一緒に謝りに行く
  2. できるだけ対策をする

子どもと一緒に謝りに行く

子供の足音は仕方ないにせよ、迷惑をかけたことをまずは謝ります。しかしながら自分がすべて悪いことを認めるための謝罪ではありません。あなたがもしなんの対策もなく、なんの教育・しつけもない先述の判例のような親なら、残念ながら心から自分の非を認めなければいけません。

でもある程度の対策はしていて、しつけもしているなら、法律ですらしっかりした線引きができないこと。全て自分が悪いと考えることはありません。

できるだけ対策をする

足音をなくすことができなくても、できるだけの対策をするのはマナーです。それでもダメなら言い訳も言えます。クッション性のある床にし、過度にならないような範囲でしっかり子供に教えます。

子供の成長にマイナスになりそうなほどガミガミ言ってはいけません。子供にそこまでいうぐらいなら下の階の人に「こっちも気を使ってるんだから少しは我慢してください」といったほうがましです。

苦情を言われた場合にやってはいけないこと

逆に苦情が来た時にやってはいけないこともあります。逆切れはすでに紹介しましたが、次の2点もやめるべきです。

  1. 直接話し合おうとする
  2. 仕返しをする

直接話し合おうとする

謝罪は直接すべきですが、その後の対応策や結果などについては管理会社を仲介させるのがオススメです。当事者同士で話すとどうしても感情的になってしまい、公平な判断もできません。そりゃどっちも完全に悪いと思っていなければ当然のことですよね。

また人によっては恐喝や暴力に発展する可能性もあるので、管理会社の担当の人に間に入ってもらうのが最も平和に事が進みます。

仕返しをする

これは最低な人間のすること。仮に全ての非が自分にないとしても、仮に相手が明らかなクレーマーだとしても、これだけはやってはいけません。

まとめ

ゆるかわ太一 アパートの子供の足音問題は非常に難しく、明確な解決方法がありません。苦情を言われた方も、苦情を言った方も、どちらにしても悔しいですが、引越しするのがもっともスッキリ解決する方法です。それが難しいなら謝罪と対策をし、それでもなお苦情が入るなら度を超えたクレームの可能性も管理会社にアピールすべきです。

山田ふわ子 気持ちはわかるけど仕返しは絶対ダメね!子供にも悪影響が出そうだわ。度を超えたクレームの場合は管理会社に連絡よ!トゥルルル…モシモシたんぽぽ不動産です!えっ?階下からクレーム…?

ゆるかわ太一 マンションやアパートの防音対策にオススメのグッズをランキングにしてみました。壁の対策は出費と効果が割に合いません。でも床への対策はコスパが良く、足音はトラブルの最大の原因なので最初に行うべき施策です。

低反発素材のラグ

低反発素材の防音ラグマットレスや枕でおなじみの「低反発素材」を使った防音ラグです。衝撃の吸収性が非常に高く、足音などを大きく和らげてくれます。厚みが出てしまう難点はありますが、足音の出やすいリビングや子供部屋などに敷くことで大きな効果が期待できます。

詳細はコチラ

木目調・畳柄のクッションマット

やさしいジョイントマット ナチュラルクッションマットでコスパが最もいいのは、俗にいう「ジョイントマット」です。厚みがあるのでフローリングの硬さを解消し、多少の音ならカットしてくれます。見た目もよく、ジョイント式なので子供の走りやすい廊下などにも敷くことができ応用が利きます。

詳細はコチラ

ジョイント式コルクマット

ジョイント式コルクマットナチュラルテイストなインテリアなら、表面がコルクなジョイントマットもいいかもしれません。オシャレさと防音を兼ねているので、子供っぽい部屋を回避できます。こちらもジョイント式なので様々な応用が利き「マット+カーペット」の二重使いもできます。

詳細はコチラ
ページトップへ戻る